今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【産休育休】7回:わたしはこれで生き永らえた、つわり中の主食BEST 3 後編

こんにちは。中の人初号機です。
不定期更新の『産休・育休』ブログでーす。

前回から続く、つわり時に良く食べていたものランキング、第1位の発表です!

だらららら~(ドラムロール)
じゃん!

第1位

ピノ アソートパック24個入り!!
個包装なので食べたいときに食べたい分だけイケる!
アイスだから口当たりも最&高。
ついでにカロリーもゲット。
文句なしの食品です。ピノを勧めてくれたのは、通っている婦人科の看護師さんでした。
つわりの時だけでなく、アイスは風邪で寝込んで食欲のない時にも栄養源となってくれます。
素晴らしいですね。みなさん、アイスを食べましょう!!

でも食べすぎは身体を冷やしてしまうので、ほどほどに。
特に冬の時期のアイス大量摂取は冷えまっしぐらです。気をつけましょう。
(初号機はとある冬に2箱アイスを摂取して、凍え死にそうになったことがあります。熱も出た。)

つわりの時期によく食べていた食品をご紹介してきましたが、これを食べるからつわりがなくなるかというと、そうではありません。
結局、何を食べても30分後くらいにずーーーんっと気持ち悪さが襲ってきます。

つわり真っ只中の初号機「どうすればつわりが楽になるんだ?・・・おぇ。ってかなんでこんなに気持ち悪いんだ・・・教えてえらい人ーーーーー!」

Wikipedia先生に聞いてみます。

>>
ホルモンの一種であるヒト絨毛性ゴナドトロピン (hCG) が関係しているとの説[1]、妊娠で体質がアルカリ性から酸性に変わるため、など諸説あるが、医学的には立証にいたっていない。
>>

つわり真っ只中の初号機「立証にはいたっていない・・・?何でか分からないんかーーーーい!!ST○P細胞はあります!とか言ってないでつわりの原因を解明しろーー!!・・・うっぷ」

初号機が通っていた産婦人科の先生いわく「ホルモンのバランスが変化して、胃酸過多の状態だから『大田○散』を飲めば大丈夫ですよ」とのことでした。
(妊娠中の薬の摂取はかかりつけ医の指示に従ってください。)
早速、大田○散を購入する初号機。わくわくです。
しかし効果は得られなかったという残念な結果に・・・。
つわり時期はひたすら耐えるしかありません。

ページの先頭へ