今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【保険こぼれ話】自転車に乗るなら必ず加入したい自転車保険!事故の賠償で高額請求の事例も…

いきなり春めいてきました。
弊社、花見の予定は4月6日なんですが、もう既に桜木町の桜は満開
むしろ散り始めの気配すら見せており、開き直って葉桜を愛でるか、あるいははちまきをしてフェイクの桜の枝を頭に飾って酒を飲もうかというところ。
いい気候になったので、土日は河川敷などで自転車の練習をするお子様と親御さんがちらほら。
補助輪が取れるまで大変なんですよね、わかります。
でも小さいうちに乗れるようになっておかないとね。バランス感覚が柔軟な方が慣れるの早いしね。
自転車って本当に身近で最強のモビリティですから、行動範囲が一気に広がるしね。
………でも、自転車って、道交法上では軽車両なんですよね
自転車の事故というと転んで擦りむいて泣いちゃう、ある意味微笑ましい……モノで済むと思った?

都内だけで年間1万件以上、自転車事故はものすごく身近

警視庁によると、2017年の都内での自転車事故の発生数は前年比683件増の1万1901件でした。
2012年の1万8220件に比べるとぐっと減ってはいるものの、相変わらず1万件を超えています。
自転車乗用中の死者は28人、2017年の交通事故死亡者の実に17.1%。
負傷者は1万429人の27.4%。交通事故に絡む負傷者の1/3近くが自転車に乗っている時に発生していました。
2017年12月の時点で都民は1375万6063人なので総人口に比べれば本当に微々たる数…に見えますが、決して少ない数ではないのが事実です。

対歩行者事故での高額賠償請求、時には1億近い事例も

2013年、事故発生時小学5年生だった男児の母親に、死亡事故の賠償金9500万円が請求されたことは大きなニュースになりました。
最近ではスマホとカップを持って自転車を走らせていた女子大生が高齢者をはねて死亡させた事故が、自転車の危険運転として話題になっています。
原則、自転車は13歳以下と70歳以上を除き車道を走る事になっている軽車両。
もし歩道上で歩行者と事故を起こした場合、過失割合は100%自転車側になります。そう、過失相殺はありません。
そして子供の起こした事故でも、保護者の監視責任を問われ高額の支払いが命じられます。
さらに自転車は自動車と異なり、反則金の制度がありません。即刑事処分です
もちろん事故の内容によって執行猶予や起訴猶予になることはありますが、前科が付いてしまうと就けない仕事や取れない資格が出てきます。

誠心誠意の謝罪と示談のためにも、必要になってくる自転車保険

事故を起こした場合、まず必要なのは誠実な対応です。
心からの謝罪と誠意のある対応をするのは当然ですが、示談をするためには当然治療費や慰謝料が必要になります。
刑事処分の減免には示談が必須。しかし、後遺症が残るような大怪我や死亡事故に対し、数千万のお金をすぐに用意できるご家庭は少ないのも現実です。
様々な保険の付帯で自転車も保障している場合がありますが、支払いの上限や条件が限られていることもあります。
子供が自転車に乗れるようになったら、「自転車は安全運転をしないといけない危険なもの」であることをしっかり教えると同時に、対人対物の保障が厚い自転車保険の加入はマスト

電動アシスト自転車は重量や速度が普通の自転車よりも大きい

下り坂などの速度が出る場所での対人死亡事故。
運動エネルギーが高くなっている自転車は、原付自転車にも劣らない走る凶器です。
自転車はゆっくり走っているものというイメージがありますが、下り坂では時速30キロ以上出ることもあります
原付自転車の法定速度が30kmですから、相当な速度なのは想像に難くありません。
加えて電動アシスト自転車は車体重量が電動ユニット分重くなっており、加速したときの運動エネルギーは当然上がっています。
そこへアシストされている分のエネルギーが加われば、人にぶつかった時のダメージは当然普通の自転車よりも上がります。
便利な電動アシスト自転車ですが、その分万が一の時は大きな事故に繋がることを念頭に、保険加入は不可避といえます。

故障や盗難も保証してくれる自転車保険

事故の賠償金だけでなく、自転車専用の少額短期保険である自転車保険は、盗難や故障のときにも手厚い保障がある保険が多くあります。
修理にかかった費用の一定以上を保障してくれたり、盗難にあった場合は購入額に応じて支払いを受けることができます。
日本全国での自転車の盗難件数は2012年で30万3273件
日本でもっとも多い犯罪が自転車泥棒です。そしてなんと検挙率はたったの5.5%……。
盗まれたら基本的に見つからない…。防犯登録ってなんのために…。
高い自転車だともう涙も出ないですよね、電動アシスト自転車って10万以上するし!!
ということで、事故発生時の賠償金以外にも、自転車保険には入っておく必要があるんですよね。

ページの先頭へ