今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【クレカこぼれ話】お支払いは計画的に!ブラックリストから消えるまで「完済から」最短5年掛かるぞ!!

ローンもクレジットカードも、完全に無縁では生きていけないのが現代社会。
世知辛いけど、お金に対する信用は社会人である信頼の裏返しとも言えるわけですが…。
「信用情報」……そう、これ。
ローンを組んだりお金を借りたり、クレジットカードを持つと、必ず信用情報に関するデータが信用情報機関に送られ、保管されます。
この信用情報の中に支払いが延滞したり、債務整理をした「事故情報」が含まれています。
事故情報がいわゆるブラックリスト。
ローン審査やクレカ払いの与信が通らなくなるやつです。
このブラックリスト、いつまで残るのかというと…最短で完済した日から5年です。

そもそも与信てなに?支払いまでの信用を与えるあなた自身の信用情報=「与信」

与信は「返済能力(Capacity)」「返済資質(Character)」「返済担保(Capital)」の3つで成り立っており、3Cとも呼ばれます。
例えば大きな融資を受ける時、家や土地を担保にするのは「返済担保」。
他に借金はないか、滞ったことはないか、職業と収入の安定性は。
こういうお金に関わる情報を総合したものが「信用情報」で、それを元に「この人にならいくら貸しても大丈夫か」を判断するのが「与信」になるわけです。
特にクレジットカードは無担保後日払いなので、万一支払いが延滞すればまるごと損失になってしまうわけで…そりゃ信用情報にも厳しくなりますね!

ブラックリストは基本的に一定期間経過する以外に消す方法はない

信用情報に掲載された事故情報が間違っている場合のみ、申立をして手続きを行い、修正を依頼することができます。(→JICC「調査依頼について」
逆に言うと、間違った情報が記載されて自分に非がない場合以外、事故情報を消すことはできません。
そんな裏技がないからこそ、莫大なお金に対する信用を担保できてるわけでして。
たまーにハガキやメールで「ブラックリストの消し方教えます」なんて怪しげなものが届きますが、100%詐欺です。
そんな方法はありません。もう一回言いますが、そんな方法はありません。

延滞したら即ブラックリストかというとそうでもない

事故情報の記載はお金にまつわるすべての信用がない状態を意味します。
お金を借りることはもちろん、カードも使えないし、投資もできないし…とにかくお金に関わるあらゆる取引に支障をきたします。
なので、金融機関も登録には慎重です。
なにしろ、人生にはいろんなことがつきものです。急な事故や病気で連絡が取れなくなったり、急に仕事で長期間電波が通じない場所へ行っていたり…。
そこで大体の場合、最初は「遅れてるよーだいじょーぶー?忘れてない?何かあった?○日までにちゃんと入れてね!」ぐらいのソフトタッチです。
その時点で慌てて振込をした人も結構いるんじゃないでしょうか。
支払いが遅れてるよ!という旨を丁寧に書いたハガキが届いたりもします。
次にもうちょっと厳しく「支払い遅れてますよ、○日までに払ってください!」とキツめに対応する部署に回されます。
書面での通知も来るし、電話も結構鳴ります。
うっかりなりお金がなかったなり、延滞していた人も、大体はこのへんで慌てて払ってるんじゃないでしょうか。
ここまでならまだ「この客要注意……」の段階で済んでいることも(もちろん内部ではマークされてますよ!!ノーダメージじゃないからね!)
最後に、それでも払わずに3~4ヶ月ぐらい経ってしまったら……貴方の信用情報は……。

基本的に「完済してから」5年は事故情報が残る

信用情報機関は3つ存在し、機関同士が情報を共有しています。

日本信用情報機構(JICC):主に消費者金融系と信販会社
CIC:クレジットカード会社と信販会社
全国銀行個人信用情報センター:銀行と銀行系カード会社

どの機関も、事故情報と債務整理は5年、多重申込は6ヶ月保存されています。
さらに!!全国銀行個人信用情報センターは自己破産の官報情報を登録しています。し・か・も!登録期間は10年!!
つまり自己破産したら10年はブラックリスト入り確定というわけです。

ページの先頭へ