今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

損害保険はどんな保険なのか


前回に続き第2回目は、損害保険の種類や、中でも特に入っておきたい損害保険について紹介していきましょう。

■損害保険の種類

モノや財産に偶然損害が発生した場合に損害を補償してくれる損害保険には、以下のようにさまざまな種類が存在しています。

・自動車保険
・自転車保険
・火災保険
・地震保険
・普通傷害保険
・交通事故傷害保険
・旅行傷害保険
・ゴルファー保険
・スキー保険
・所得補償保険
・個人賠償責任保険
・盗難保険

ざっと挙げただけでもこれだけあるのですから、使い方次第では日常生活の中で起こりうるさまざまな損害に対応できるわけですね。

■損害保険によくある特約

さまざまな種類がある損保ですが、CMや保険のセールスでは「特約」という言葉をよく耳にしますよね。
こういった普段は聞き慣れない言葉が保険の理解を難しいものにしているひとつの原因かもしれません。
損害保険は、基本的に「基本補償」と「特約」の2つの契約から成り立っています。
基本補償は保険のベースとなるものであり、特約は補償の幅を広げたり、逆に狭めたりするためのものです。
簡単に説明しましょう。例えば自動車保険に加入する場合は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害補償保険」「車両保険」といった部分がベースの基本補償となってきます
しかし、これらはあくまで「基本」であり、これらの基本補償ですべての自動車事故の損害に対応できるわけではありません。
そこで、基本補償に「特約」を追加して、新車が事故にあい買い替えをするときの費用を補償してもらえるようにしたり、交通事故に関する交渉を弁護士に依頼する場合の費用を補償してもらえるようにもできるのです。
このように特約を追加して補償を手厚いものにすれば幅広い損害に対応できますが、もちろんその分支払う保険料は高くなります。
反対に「運転者限定特約」といって契約車両を運転する人を本人や家族に限定して、補償の範囲を狭めることで保険料を安くすることもできます。
こうやって損保の特約を上手に利用すれば、あなたの条件や希望にピッタリあったプランを作れるわけですね。

■入っておきたい損害保険!

非常にたくさんの種類がある損害保険ですが、いくら未来のリスクに備えるためとはいえ、すべての損害保険に加入していてはどんなにお金があっても足りません。
損害保険への加入を考えるときには、「自分にその保険が本当に必要なのか?」を考える必要があります
そのため、入っておきたい損害保険は人それそれ異なってくるのです。
しかし、「自動車保険」と「火災保険」は、車を運転したり持ち家や賃貸に住んでいる人なら必ずと言っていいほど入っておきたい損害保険です。
事故での自動車の損害や、火事や風水害による家の損害は高額になりやすく、保険に加入していないといざというときに自分だけの力では損害を補えきれませんからね。

■損害保険の支払のタイミングは?


いざ損害保険に加入しても、実際にどのタイミングで補償の支払いが行われるのか気になるという人も多いでしょう。
損害保険の場合は、保険金の請求に必要な書類をすべて保険会社に提出した「請求完了日」から30日以内が一般的です。
損害保険は、どうしても事故や火災が起きた原因や発生状況、損害額の調査に時間がかかってしまいます。
また、警察などへの捜査・調査結果の紹介、専門機関への鑑定などより専門的な調査が必要となる場合には、支払いまで30日以上かかるケースもあるので頭に入れておきましょう。

ページの先頭へ