今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【今日のニューロン】新食感のおやつ、沙琪瑪登場!!

こんにちは、中の人弐号機です。
おやつの時間て一日の中で結構大事な楽しみですよね。
え?それは胴回りが横方向に豊かな人の思考?
いえいえそんな…色んな人の好みを知る、大事なコミュニケーション…のはず。多分。
そんなわけで……

Kさんのお土産「沙琪瑪」登場

とある午後、営業部のOさんが桜木町オフィスに配布し始めた謎のお菓子「沙琪瑪」

今回はKさんからのお土産だそうです。
上海ベースやeBaoなど、中国との強いコネクションを持ち、中華街にほど近い当社。
稀にだがよく月餅などの中国のお菓子がおやつに登場します。
しかしこのお菓子は初めてだ?!
そもそもなんと読むのかわからない…

その名はシャーチーマー!

音の縁起がいいので競馬の前に食べることもあるんだとか!
早速いただきます。
eBaoチームTさんのこの神妙な顔……

「美味しい……けど、初めての食感でどう表現していいのか…」

中の人初号機もトライ……!!

「薄味でふわっと……ほんのり甘くて美味しいんだけど……」

Mくんは……

「あ、結構イケますね、けどなんかすごく柔らかい?」

それもそのはず。
見た目は物凄く雷おこしに似ているので、みんなあの「カリッ、ポリッ、サクッ」の歯ごたえある食感を想像しながら食べた様子。
しかしシャーチーマーは小麦粉のお菓子…「サクッ、フワッ、シットリ」な食感。
見た目と実際が違うせいか脳が大混乱。でも美味しい…!

中国ではスタンダードなコンビニスナック

もともとは満州族のお菓子だったシャーチーマー。
満州族が中国全土に支配層として広がった清朝に、一般的なお菓子として浸透したそうです。
うーん、食に歴史あり。
満州族は今でも手作りすることがあるそうですが、漢族は作らないのだとか。
今ではコンビニでも手軽に買える、中国のスナック菓子だそうです。
種類も豊富で、ナッツやドライフルーツが入っているものもあるそう。
ちなみに気になるカロリーは……小麦粉を油で揚げて蜜で固めているので聞いてはいけません。

当社ニューロンネットワークにほど近い横浜中華街でも数種類売っているので、お越しの際は帰りに寄って是非買ってみてくださいね!

ページの先頭へ