今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【産休・育休】4回:社長の入れる美味しいコーヒーの匂いがたまらなく臭い

こんにちは。中の人初号機です。
不定期更新の『産休・育休』ブログ。
前回に引き続き、つわりの思い出をひとつお送りします。
食事中の方は、読むのを避けた方がいいかな?(笑)

人それぞれ、杓子定規の制度では対応できないつわりの症状

なんでこうなるんでしょうね。人体の不思議です。
妊娠初期のつわりの時期と重なって、とても匂いに敏感になったんです。
「においつわり」というらしいです。
もうね。なんでも臭いんです!
消臭スプレーも、バラの香りのするシャンプーも、料理中のお肉も、炊きたての新米も!!!

原因はエストロゲン!

なぜかというと、エストロゲンという嗅覚を敏感にする女性ホルモンの分泌量が増えるそうです。
胎児を守るために、例えば火事の時にいち早く察知して逃げられるように、という仕様になっているそうです。
ものすごく体質が変わってしまうんで辛かった…。
デ〇ワンコになったのかとオモタ。
社長の入れるコーヒーも例外ではありません。
普段なら「あら、美味しそうなコーヒーのにおい?」となるところ、「くっっさーーーーー!!!…キモチワルイ…おろろろ(自主規制)」ってな感じになってました。

食欲不振でぐったり……

つわりとにおいつわりのダブルパンチで、なおさら食欲が失せてましたねー、当時は。
いや、食欲はあるんです。でも食べれないんです。
でも食べたくて食べたくて、食べたい気持ちが高まりすぎて特上ずしのチラシを見ながら涙が出てきてました。
ひもじいのに食べられない。
これが何かしらの病気なら薬で緩和できるのですが、妊娠は病気ではありませんからね。
ひたすら耐えるしかありませんでした。

ページの先頭へ