今日のニューロンネットワーク:株式会社ニューロンネットワーク

【新人SE奮闘記】ニューロンに現れた刺客…期待の新人バシ

ニューロンむかしばなし

ニューロンネットワーク社長のちゃんナベです。

バシは、前職コンビニのフランチャイズに就職して7/?**店の店長をしておりました。
レジでお会計を担当していると、昨今クレジットカードや電子マネーでお支払いする、お客様が増えている事に気が付きました。
更に、商品の入れ替えや、在庫管理等がIT化されて業務が簡略化されている事にも気が付きました。

業務が簡略化されると、アルバイトの店員が減らされバシ君はその時、シフトを管理する役回りなので、少ないメンバーでローテイションする現場で自分のシフトが変則的になり、自分のスケジュールが、生活リズムを作る事が許されない異常事に気が付いた時に、何者かの意思を感じずには居られませんでした。

この世界は、いったい何が起こっているのだろう。
薄れゆく意識の中、バシ君はこのまま店長を続ける事は出来るのだろうか心配になり、それにより精神が不安定な状況になりました。

バシは、当社のHPに出会い、緩い高津マネージャーがクレジット業界で上流の仕事を楽しそうにしている事に、憧れを通り越し、強い怒りの様な感情を覚えた事を今如実に思い出せるそうです。
高津マネージャがリア充すぎるオーラを発している事の一因はニューロンネットワークの仕事にある事は明らかでした。

バシは転職の意思はなく、高津マネージャに危害を加える事を目的に、ニューロンネットワーク社の社員募集に応募しました。
最初の面談をした、おっさんの名前はわすれました、
(バシ君、それ俺だよ、社長の渡邊です、覚えてね、お願いだから)

2次面接で、あのにっくき高津が出てきました。

そもそも、こんなに早いタイミングで敵の本命が出てくるとは想像もしていなかったバシはこともあろうか、このタイミングで武器になる様な物は何も持ってませんでした。

プラスティックのボールペンしか持たない、バシは突き刺さる様な視線を高津に浴びせると、奇声を上げて飛び掛かりました。

**次回に続く**

続きません!!!
ニューロンでは超能力を駆使した超人バトル面接は行っておりません、念のため!

その男バシ、ニューロンに現れる

採用担当の初号機によると、新人バシは2017年の某サイト求人でニューロンにやって来ました。
その時点でプログラムの知識JAVAを独学で3ヶ月!ITの業務経験なし!前職コンビニ店長!
まさにガチンコの「超IT新人」でした。
しかし、そんなバシの採用を決めたニューロン。
その理由は……彼の先見の明。
技術が進み駅コンビニでは無人レジが導入される昨今。
アメリカではファーストフードまで無人化
IoT技術や画像認識技術の発展でレジレスなAmazonGOスーパーワンダーレジも実証実験を進め、「うわ並ぶ列ミスったなー…このレジのおばちゃんめっちゃ遅いぞ…」と休み時間に焦りながら時計を見る時代も終わろうとしています。
その状況に危機感を抱いたバシ。
金融に特化した強みを持つニューロンで、使われる側から作る側になろうと一念発起。
最初からクレカに狙いを定め、IT業界レベル0の状態ながら将来を真剣に考える真面目な姿勢を高く評価されたのです。
色んな意味で超新人のバシ。
帰社日ではすでに新人とは思えない風格を漂わせるバシ。

果たして彼が危惧した未来を回避するため、エンジニアとして伸び行けるのか…?
そんなバシの新人奮闘日記を不定期にお届けします。

どうも新人です!

こんにちは、バシです!
この度、新人エンジニア奮闘記ブログを書かせていただくことになりました。
IT業界は全くのド素人でパソコンなんてもちろん、スマートフォンすらろくに使いこなせておりませんでした(笑)。
だからこそ
エンジニアって何するの?
プログラミングって難しそう
会社の人たちと仲良くなれるだろうか等々
こんな不安ばかりでした...

そこで、このブログではエンジニアについてのイメージを少しでも掴んでもらえればと思い、超ミラクルド素人新人エンジニアである僕の奮闘記をお届けしていきます!!

 

ページの先頭へ