私は今、上海の事務所で町の雑踏を見下ろしながら、ペンを走らせています。

私たちニューロンは、2002年の創業時より、オンサイトでのエンジニアリング・サービスによる高品質な技術サービスのご提供と、中国の優秀な技術者とのリレーションによるオフショア開発のご提供を目的に事業展開を進めて参りました。
創業時に5名の会社は、現在30名で今期の売上高は7億円を超える計画で進めております。

目的のひとつ、オフショア開発は順調に推移して参りましたが、時代の流れと共に「中国で生産をする」ことから、「中国に売ること」へと目的が大きく変化しました。いま私たちは中国ECの独自ドメインの先駆者となろうとしています。
現在の中国国内のECサイトはモール運営がほとんどです。
日本の様な独自ドメインのECサイト運営のニーズは現時点では決して高くありません。
しかしながら、中国の主要モールがいずれ顧客情報の開示をしなくなった時、そのニーズが爆発することは間違いなく、またその参入ポイントはブルーオーシャンです。
まずは本流であるモール運営に参加し、物流も含めて日本から一気通貫のECサービスを提供できるチームビルディングを開始します。

また、もうひとつのエンジニアリング・サービス事業は、今年度より「IT Engineering Services (Onsite)」と呼称を改め、ニューロンの独自の強みを伸ばしてお客様への高付加価値サービスのご提供に取組み、成長拡大を継続しております。

たった今、私の視界を通過した、セグウエイのような一人乗りの電動移動機に驚きました。
彼は大量の電動バイクにまじり車のすれすれをとんでもないスピードで通過して行きました。
まだお世辞にも交通モラルが高いとは言えないこの街中で、命知らずの信じられない光景です。が、しかしまた、この驚きと刺激が、この町の日常でもあります。
スリリングなこの街では常に新しい発想が生まれています。私たちはもっと刺激的な物をつくり出したい、常にそう考えています。

2015年3月
代表取締役社長 渡邊 祐一郎