S.M


偶然が重なった
ニューロンとの出会い。
人がつながっている
それを実感します。

ニューロンとの出会いはバーだった

卒業を前に就職先が決まらない。そんな悩みの底にいたとき、偶然ニューロンネットワークのHさんと近くのバーで出会ったのが入社のきっかけでした。
当時、大学の就活では食品製造業界の内定を目指していましたが、Hさんに「よかったらうちの面接を受けてみないか」とお声掛けいただき、思い切ってIT開発の世界に飛び込んでみました。
自分にとってはニューロンネットワークがなにもかもはじめての会社です。後輩にたまに就活のコツを聞かれることがありますが「バーで隣になった人と話をしていたら、いつの間にか面接が決まっていた」なんて参考にならないですよね(笑)
でもそれが人と人が繋がることで広がっていくニューロンネットワークらしさなんだなと感じています。

厳しさと新しい技術を身につける喜び

正直に言えば、最初はなにもかもが初めてでどこを向いてもわからないことだらけ。とても辛くて厳しかったですね。
新卒、新入社員の肩書が取れた今でも、難しい壁にぶつかるたび、お客様の要望に答えることの天井の高さと厳しさを感じます。
ただ、職場環境として相談に乗って支えてくれる先輩や、新しい技術を学習する機会に恵まれているので、以前できなかったことができるようになっていく喜びや楽しさもひとしおです。自分には無理だ、辛いな、苦しいなと感じた時、正直に伝えて受け止めてもらえるので、抱え込んで潰れてしまう不安はありません。

これから目指す先は?

まずはSalesforceの知識をもっと高めていきたいと思ってます。自分の強みはこれだと言える技術を身につけ、お客様の悩みを解決する提案力を獲得していきたい。
資格の有無は一つの目安に過ぎません。実際に技術力を発揮できるだけの経験をもっと吸収していきたいと思います。
それは自分の個人的な成長だけでなく、ニューロンネットワークという「繋がり」の中にいる一要素としての成長としても意味があると考えています。

入社してからあっという間。目の前にある仕事をこなしていくので精一杯だった状態から、少しずつ自分の目指す先を見定めて、一つずつ案件をこなす意味を考えるようになりました。
自分自身の強みといえるものを身に付けて、一歩ずつ成長していける。その成長がニューロンの中にいるすべての人と繋がっている。
その意味を考えながら進んでいきたい。そう思っています。