サービス概要

ERP製品(人事給与)導入におけるコンサルティング 及び ERPを利用した業務効率化/運用課題の整理・改善・最適化/保守サービス
◆ERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略です。
◆Enterpriseは「全社」、Resourceは「人、金、情報」などの経営資源。

様々な業種・業態におけるビジネスには業務プロセスが存在し、それには「人、金、情報」が紐づきます。
業務プロセスと紐づく「人、金、情報」の流れを全社的に効率・最適化(Planning)し【リアルタイムでの円滑な経営判断】を実現する仕組みがERPです。

我々は、ERPのHR/PR分野(人事/給与)を主とした導入コンサルティング及び、ERPの利用を通じて現状の業務効率化/改善・運用保守のサービスを提供しています。

ERP製品導入プロジェクト

弊社が担う、ERP導入サービスにおける役割と強み

PM(PJ責任者/管理者)

プロジェクトの内容・納期・規模・予算を把握し、企業特性に応じたパッケージの選定・プロジェクト
推進に必要な人材の確保などすべての責任を担います。
ERPパッケージ導入の”企画”から”運用・活用”に至るまで一気通貫した支援を行います。

◆特徴
プロジェクトを遂行する上で最も重要である”人材”の意思や責任感を重視し、プロジェクトの成功・期待以上の導入効果現出へ導きます。

PMO(横断的PJ管理)

プロジェクトにおける立案・課題管理・進捗管理・リスク管理・会議体運営・各種ドキュメントの作成を行います。
会議体においてはファシリテーション、PMの意思決定サポート、メーカーから派遣されるコンサルタント&顧客との折衝を行います。

◆特徴
幾多のプロジェクト実績/導入経験値に裏付けられる技術的要素・業務的要素を熟知したPMO支援を行うことができます。

導入コンサルタント

ERP導入プロジェクトにおいて課題解決に必要な要件を定義し、設計から稼働までのマネジメントを担当します。
クライアントの行っている業務やニーズを的確に判断し、各種業務の効率化を行います。

◆特徴
特定のERPパッケージに特化したコンサルタントではありません。
数多くのERPパッケージ導入経験で得たパッケージ毎の特性や操作方法を熟知していることに加え、クライアントの業界・業務毎のニーズに対する知識が豊富であり、的確に課題解決へ導くことができます。
また、高いコミュニケーション能力や理論的思考能力による円滑なプロジェクト推進を強みとしています。

ERP活用支援

ERP導入・稼働後におけるアプリケーション周辺の保守を行います。
運用時の課題解決や操作サポート、法改正や制度改定時の設定変更、業務効率化や運用改善提案、ユーザー教育等を行うことで、ERP導入メリットの最大化を生み出します。

◆特徴
ヘルプデスクによる電話サポートだけではありません。
ERP専門コンサルタントが訪問形式(オンサイト)での対応を行うことで、よりクライアントに身近なサポーターとして、且つリアルタイムに課題を解決に導きます。
また、導入フェーズから保守フェーズまで同一コンサルタントが通貫した対応を行うことが可能であり、クライアント側の担当者に依存することなく、継続した保守サービスを提供することができます。

モデルケース

ケース①

業種:サービス・広告・製造 etc
地域:関東
規模:数千~数万人
ERP :大企業向けパッケージ

各モジュールまたはモジュール内のサブシステム単位で導入コンサルタントを担当。
サブシステムごとに発生する外部システムへのI/F機能開発を担当。
また、PMOを担当しプロジェクト全体の課題や進捗の管理を行う。
導入後は、運用サポートやパッケージのグループ会社展開支援を担当。

ケース②

業種:製造・金融業 etc
地域:関東
規模:数百~数千人
ERP :中小企業向けパッケージ

全てのモジュールについてオールインワンで導入コンサルタントを担当。
また、PMとしてプロジェクトの先頭に立ち、プロジェクト全体の管理を行う。